よく聞く家庭の財政状況というのは、奥さんが全ての収支の実権を握り、旦那さんのお財布は完全なお小遣い制にするということです。冠婚葬祭のような特別な場合は、別途支給されるお金はあるものの、基本的にはお小遣いの範囲内でどうにかするというのは、聞いているだけでも、窮屈な話のように感じます。

我が家は、お互いの収入はお互いで管理し、それぞれが支払う項目について責任を持ち、余裕があれば各々が貯金をしておくというシステムにしています。
結局、お互いにどれくらい稼ぎがあって、どれくらい貯金があるのかはよく分かりませんが、私も旦那がよそでお小遣い制でケチケチするよりは、その方が良いと思っています。
各家庭で決めることではありますが、我が家がお小遣い制になることは、絶対にあり得ません。